ドックベストセメントとは

ドックベストセメントとは

ドックベストセメントとはを主成分とした詰め物です。


虫歯、歯根、知覚過敏の治療などに使用されています。


従来の虫歯治療のようにドリルで削り取る方法ではなく、銅の殺菌力により虫歯を治療します。


なので、ドックベストセメントを用いた治療は削らないので痛くない虫歯治療です。


治療方法は

最初に、粉末状の薬が殺菌成分とミネラルを含んだ歯科治療用のセメント(ドックベストセメント)と歯を刺激から守る薬とよく混ぜ合わせて液体状にし、虫歯の部分に塗ります。
これにより、セメントの成分を歯の中に浸透させ内部の虫歯菌を殺菌します。


次に、液体状の薬をドックベストセメントとよく混ぜペースト状に虫歯の上からつけます。
これにより、虫歯の部分にミネラル成分が働き健康な歯に戻ります。


最後にセメントを塗った部分を保護するため詰め物をし、形を整える治療です。


しかし、デメリットとしてアメリカでは、10年以上前から使用されているようですが、日本での臨床実績はまだあまりないと思われます。


span class=”underline”>全ての歯に適応になるわけではないことや、厚生労働省認可外の薬であるという


点もあるのでドックベストセメントを用いた治療を行う際は歯科医院としっかり相談して行うことをおすすめします


—————————————————————————————————————————————————–
※この文章は、錦部製作所の髙山尊臣(たかやま たかおみ)が作成しております。

錦部製作所は大正10年創業の医療歯科器具メーカーです。
「先生や衛生士さんに使いやすく、患者さんに痛みの少ない歯科器具作り」をモットーに
90年の間、研鑽を積んでまいりました。

現在は歯医者さんが歯石や歯垢除去などの際に使う「超音波チップ」という器具をメインに製造しております。

もし、歯医者さんで歯石除去を器械で行うことがありましたら、

「この超音波チップは錦部製作所のものですか?」

と聞いてみてください。

もし、錦部製作所の器具を使っていれば、その歯医者さんは歯石除去に意識が高い歯医者さんの場合が多いでしょう。