インレーとは

インレーとは

インレーとは虫歯などを治療した後に詰める詰め物のことです。
虫歯が小さい場合、虫歯の部分を削り取り、インレーを詰めて治療が終わることがあります。


被せ物、詰め物治療として他にクラウンやコンポジットレジンがあります。


虫歯の大きさや咬み合わせによりインレーではなく、クラウンによる治療の場合もあります。


インレーには金属やセラミック (陶器) 、レジン (プラスチック) で作られたものなど多くの種類があり、
保険で使える材料、保険外で使える材料があります。


なので、治療費も異なり、
保険のインレーの場合、2000~4000円程度です。


保険外のインレーの場合、歯科医院によっても異なりますが、1万円から5万円くらいになります。
保険外のインレーは歯科医院が独自に価格を設定しているので、治療費は歯科医院に確認してみて下さい。


治療費だけで見ると保険治療のほうがはるかに安いですが、
見た目や持ちなどを考えると本当に安いのはどちらになるのかはわかりません。


治療費のほかに保険外のインレーには保証期間があり、保険のインレーには保証期間はありません。
しかし、保証期間は歯科医院によって異なるので、治療する際は治療前に確認してみて下さい。


—————————————————————————————————————————————————–
※この文章は、錦部製作所の髙山尊臣(たかやま たかおみ)が作成しております。

錦部製作所は大正10年創業の医療歯科器具メーカーです。
「先生や衛生士さんに使いやすく、患者さんに痛みの少ない歯科器具作り」をモットーに
90年の間、研鑽を積んでまいりました。

現在は歯医者さんが歯石や歯垢除去などの際に使う「超音波チップ」という器具をメインに製造しております。

もし、歯医者さんで歯石除去を器械で行うことがありましたら、

「この超音波チップは錦部製作所のものですか?」

と聞いてみてください。

もし、錦部製作所の器具を使っていれば、その歯医者さんは歯石除去に意識が高い歯医者さんの場合が多いでしょう。