虫歯とは②

虫歯とは②

虫歯とは治療を行ったからと言って


風邪などのようにもとの状態に戻ると言うものではなく、


一度も治療をしたことのない健康な歯よりも虫歯になりやすくなっています。


虫歯になってしまったら、初期の小さい虫歯の場合、虫歯の部分のみを削りとり、
詰め物 (インレー) を詰めて終わることもあります。


かみ合わせの状態や大きさによってはインレーではなく、クラウン (被せ物) による治療を行うことがあります。


クラウンとは歯を削ったあとに被せる人口の歯のことをいい、
差し歯と呼ばれています。


あまり削らない治療としてオゾン治療があります。
オゾンの力により虫歯を殺菌し、再石灰化を促進し治療します。


虫歯の治療法をいくつか紹介しましたが、
虫歯にならないよう心掛けることが大切です。


しかし、ちゃんと歯磨きを行っていたにも関わらず、虫歯になってしまったと聞くことがあります。


科学的に虫歯予防に効果があるとされているのはフッ素なので
フッ素の入っている歯磨き粉をつかうと虫歯を抑えられるかもしれません。


そして、歯周病予防に歯磨きはとても重要であり、歯磨きを行うことによって細菌の数が減ることにより、
虫歯を予防できると考えられます。


キシリトールガムを噛むなどの予防法もあるので試してみてはいかがでしょうか。



—————————————————————————————————————————————————–
※この文章は、錦部製作所の髙山尊臣(たかやま たかおみ)が作成しております。

錦部製作所は大正10年創業の医療歯科器具メーカーです。
「先生や衛生士さんに使いやすく、患者さんに痛みの少ない歯科器具作り」をモットーに
90年の間、研鑽を積んでまいりました。

現在は歯医者さんが歯石や歯垢除去などの際に使う「超音波チップ」という器具をメインに製造しております。

もし、歯医者さんで歯石除去を器械で行うことがありましたら、

「この超音波チップは錦部製作所のものですか?」

と聞いてみてください。

もし、錦部製作所の器具を使っていれば、その歯医者さんは歯石除去に意識が高い歯医者さんの場合が多いでしょう。