スケーリングの極意

このエントリーをはてなブックマークに追加

スケーリングの極意

スケーリングには2つの方法があります。
ハンドのキュレットやスケーラーやキュレットを使ったスケーリングと
超音波スケーラー用チップを使ったスケーリングです。


この2つの方法ではハンドと超音波の違いがありますので
当然、スケーリングのやり方が変わっきます。


また、ハンドと超音波チップのスケーリングでは
本当は変えてはいけないのに、
反対に変えてしまいがちな使い方もあります。



今日は少しだけその説明をします。


 ハンドと超音波チップで変えてはいけない使い方 


これは普段の使い方を思い出していただければ
おのずと分かってきます。

ハンドのスケーラーヤキュレットはどの部分を使ってスケーリングをしますか?


そうです。刃の付いた側面を使います。
こちらは即答かと思います。


では、超音波スケーラー用チップを使ったスケーリングではどうですか?
ちゃんと考えてみてください。


あなたは側面以外を使ってませんか?
例えば、超音波チップの背中の部分とか。


なぜ、ハンドのスケーリングでは器具の側面を使うのに
超音波チップでは側面以外を使うのでしょうか?


「だって、超音波スケーラーでは、歯石を叩いて落とすんでしょ」

もし、こんな風に思い浮かんだのなら要注意です。
歯石を叩いて除去する、これは大間違いです。


どこからか間違った情報があるのか
なぜか、こう考えている先生や衛生士さんが多いのですが

歯石を叩く = 歯面を叩く = 患者さんが衝撃(痛み)を感じる

こうなります。


叩いて歯石を落とすといおう考えをお持ちなら
この瞬間から捨ててください。

 ハンドと超音波チップで変えなかければいけない使い方 


こちらはヒントだけ書いておきます。


先生や衛生士さんがブラッシングの指導をするとき、
音波などを使った歯ブラシと普通の歯ブラシでは
指導の仕方が異なる部分がありませんか?


ハンドの器具と超音波スケーラー用チップを使った
スケーリングとでも同じように変えなければいけない部分があります。


ぜひ、考えてみてください。


錦部製作所からのお得な耳寄り情報

世界が認めた創業90年の技術を持つ日本製の錦部製作所の超音波スケーラー用チップを数量限定で1か月間無料でお試しできます。

2010年11月27日

カテゴリ: 歯科医師さん向け 歯科衛生士さん向け

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのリンクURL
この記事へのリンクタグ
表示サンプル:スケーリングの極意

超音波チップの注水口はここに開いていなければなりません »

« 歯科医院の待合室で患者さんの信頼を増すためにこんな方法はいかがですか?

歯科医療機器で歯科医院の売り上げが変わる21の裏事情

この無料小冊子を知らないなんて、あなたの医院はきっと損をしている。

歯科医【歯科医院向け】売上がアップする21の裏事情を今すぐ無料ダウンロード

『スケーリングの極意』へのTB&コメント

この記事のトラックバックURL:

『スケーリングの極意』へのコメント

  1. マイスター より:
    なるほどなるほどいつも非常に勉強になります。ありがとうございました。

  2. マイスターさん

    おはようございます。
    コメントをありがとうございました。

    少しでもお役に立てているようで
    嬉しく思います。

    今後ともよろしくお願いいたします。


『スケーリングの極意』にコメントを投稿する




超音波チップの注水口はここに開いていなければなりません »

« 歯科医院の待合室で患者さんの信頼を増すためにこんな方法はいかがですか?