歯科医院が倒産する理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科医院が倒産する理由

歯科医院が倒産する理由

2009年1月から3月の歯科医院の倒産件数が
6件もありました。

これはほぼ年間の歯科医院の倒産件数に匹敵する数です。


 逃げて行く患者さんたち 


結局、2009年は15件、同じく2012年も15件が1年間に倒産しました。


これは廃業ではなく、倒産した件数です。


無料お試しキャンペーン 現在、私ども、錦部製作所では、
超音波スケーラー用チップの一か月無料お試しキャンペーン
をしています。

そのキャンペーン資料をお読みになった先生から
お電話をいただきました。


その先生は、私どもの資料を読んで、

「超音波チップについて知らないことも書いてあったし、
経営的に見ても納得するところがたくさんありました。

特にスケーリングでは
他の歯科医院から移ってこられる方のほとんどは、
前の医院は歯石を取るのが痛かったと言うのです。


前は虫歯なんかで歯を削って痛いと言われていましたが、今は、
スケーリングで痛いと患者さんがわかります。

ですから錦部さんの言うとおりやさしいスケーリングが必要だと思います。」

ということで当社の超音波チップもご購入頂きました。(感謝!)




患者さんがこなくなる理由 


痛いのがイヤ!
ここで大事なのは、
他の医院から移ってくる患者さんが、


前の医院は

歯石を取るのが

痛かった



というところです。


いろいろと医院を移る理由はありますが、患者さんは、

「痛い」には敏感です。


そして患者さんは、他の医院と比べています。


一度逃げた患者さんはもう戻ってきません。


さらに、患者さんは一度気に入るとなかなか歯医者さんを変えません。


しかも、「痛いから別の病院に変えるね」
などと断ってから去る人はいません。
静ーかに去っていきます。


これが患者さんが集まる歯科医院には患者さんが集まり、
患者さんがこなくなる医院にはこなくなる、
増患と減患の基本的な構造です。


ちなみに倒産件数は先ほど記載したとおりですが、


廃業は毎年1200件程度あり、


逆に開業は2500件程度あります。


患者さんの痛みを考えず、
早さだけを追求するようなスケーリングをしている歯医者さんは、

現在通ってくれている患者さんが、
患者さんのことを考えて施術する歯医者さんに出会わないこと

を祈るしかありません。

ぜひ、やさしいスケーリングを心がけてみてください。
倒産するような事は無いはずです。


合わせてよ読みたい関連記事

>>やさしいスケーリングができる超音波スケーラーの正しい選び方

錦部製作所からのお得な耳寄り情報

世界が認めた創業90年の技術を持つ日本製の錦部製作所の超音波スケーラー用チップを数量限定で1か月間無料でお試しできます。

2009年05月01日

カテゴリ: 歯医者さんのためのマーケティング 歯科医師さん向け 歯科衛生士さん向け

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのリンクURL
この記事へのリンクタグ
表示サンプル:歯科医院が倒産する理由

歯科医療機器製造販売 錦部製作所 3代目の自己紹介 »

« スプラソンP-MAX用の超音波チップには、こんなすごい製品があるのをご存知ですか?

歯科医療機器で歯科医院の売り上げが変わる21の裏事情

この無料小冊子を知らないなんて、あなたの医院はきっと損をしている。

歯科医【歯科医院向け】売上がアップする21の裏事情を今すぐ無料ダウンロード

『歯科医院が倒産する理由』へのTB&コメント

この記事のトラックバックURL:

『歯科医院が倒産する理由』へのコメント

  1. 一般人ですが、疑問です より:
    4/20のエントリ「痛い歯医者さんこそ、うまい歯医者さん」とは矛盾する内容を書いておりますね?

    いったい、どちらが正しいのですか??

  2. 一般人ですが、疑問です 様

    コメントありがとうございます。


    「痛い歯医者さんこそ、うまい歯医者さん」で
    お書きしました内容は、
    あくまでも「痛い部分、例えば歯周ポケットの中などの
    固い歯石の除去はうまい人が歯石除去しても痛いですよ。
    そしてこの部分を治療するには腕がいります」という
    お話でした。


    当然、歯石除去では通常、痛くない部分もあります。
    例えば簡単に言いますと、歯面のスケーリングなどです。


    今回のお話は、「こうした歯面などの痛くなく
    スケーリングができる部分に対して、
    患者さんが痛みを伴うようなスケーリングを
    していると患者さんは逃げていきます」という
    お話でした。


    大変、簡単に申し上げましたが、
    せっかくこうしてコメントを頂きましたので、
    歯に関心のある方に向けて
    歯石除去が現在、どのような器具を用いて
    どのようにされているのかの現状など、
    少しずつわかりやすく書いていきたいと思います。


    今後ともよろしくお願いします。


『歯科医院が倒産する理由』にコメントを投稿する




歯科医療機器製造販売 錦部製作所 3代目の自己紹介 »

« スプラソンP-MAX用の超音波チップには、こんなすごい製品があるのをご存知ですか?