総入れ歯とは

総入れ歯とは

総入れ歯とは歯が一本も残っていない状態のときに行われる治療です。
Full Dentureと言われたりもします。

総入れ歯の治療を受ける場合、保険の適用されるものはプラスチックで作られたものしかありません。


保険外の総入れ歯は金属床義歯、シリコーン義歯、磁性アタッチメント義歯、インプラント義歯があります。


保険のものと比べて話しやすかったり、ものを食べやすかったりします。
しかし、価格が保険のものよりも高くなります。



総入れ歯も部分入れ歯ブリッジしなくてすむように歯科医での検診をおすすめします。


—————————————————————————————————————————————————–
※この文章は、錦部製作所の髙山尊臣(たかやま たかおみ)が作成しております。

錦部製作所は大正10年創業の医療歯科器具メーカーです。
「先生や衛生士さんに使いやすく、患者さんに痛みの少ない歯科器具作り」をモットーに
90年の間、研鑽を積んでまいりました。

現在は歯医者さんが歯石や歯垢除去などの際に使う「超音波チップ」という器具をメインに製造しております。

もし、歯医者さんで歯石除去を器械で行うことがありましたら、

「この超音波チップは錦部製作所のものですか?」
と聞いてみてください。

もし、錦部製作所の器具を使っていれば、その歯医者さんは歯石除去に意識が高い歯医者さんの場合が多いでしょう。