エアースケーラーの詳しい説明

このエントリーをはてなブックマークに追加

エアースケーラーの詳しい説明

超音波スケーラーとエアースケーラーの比較の回で書きましたエアースケーラーの情報を更新します。


某メーカーの方よりかなり詳しい情報をいただきました。エアースケーラーを検討されている先生にはとても役に立つかと思われます。


 1 振動数 


エアースケーラーは現在、周波数が約6,000Hzもしくは5,000Hz以上とのことですね。つまり毎秒6000回、もしくは5000回ということになります。


紹介していただいたカボさんのHPに行きますと、英語なので確認ができませんが、6500Hzという記述がありますね。とすると、毎秒6500回の振動となります。


ちなみに現在は、エアスケーラのJIS、ISO規格では振動数は4,000Hz以上と規定されているそうです。


他にも様々なエアースケーラーがありますが、振動数が確認できませんので、メーカーに質問してみるといいかもしれません。


 出力の可変について 


本体にパワー調整機構のある製品もあるのですね。勉強不足でした。

「KaVo:SONICflex 2003,2008、W&H:
SyneaZA-55、
モリタ:エアーソルフィー、
ヨシダ:サリー、
NSK(ナカニシ):Ti-Max950など
パワーの調整により、適用部位に合わせた治療を行うことは可能です。」

とのことです。こちらは私は未確認です。


 エアースケーラー用チップとその用途 


各社ぺリオチップなど、先端径0.5mm以下のスケーリングチップも存在するそうです。但し、前述したパワー調整ができる機種での使用となります。また、超音波スケーラには無い「ブラシチップ」を使用できるのも特色だそうです。


これ、そうなんですよね。実はうちで超音波スケーラーのブラシチップを試作したことがあるのですが、超音波スケーラーだと一瞬でブラシがなくなります。


 チップの動き 

「エアスケーラはチップ先端が円を描くように動きますが、そのメリットとしてはチップ全周において歯石に振動を与えることができるということです。

狭窄した部位やハンドピース・チップの角度的に難しいアングルにおいても安定した歯石除去が可能ということになります。」

とエアースケーラーチップのメリットもいただきました。


このエアスケーラチップの先端が円を描くように動くのに対し、超音波チップは横から見て上下に動きます。詳しく言うと上下ではないのですが、注水口を正面に見て横には動かないという意味です。(ちゃんと製造された超音波チップはですが)


このメリットは、横に動かないので患者さんの歯面を叩くような動きをしない。一方向に動くので振幅が分散されない。などありますがここでずらっとメリットを並べると不公平な気がしますのでこの辺にします。


ちなみにエアースケーラーはそのチップの動きを振動と言いますね。超音波スケーラー用チップは振幅です。これが大きな違いだと考えています。



  ということでまとめ 


e8b685e99fb3e6b3a2e382b9e382b1e383bce383a9e383bce6af94e8bc833



いろんなこと比較をしましたが、私ども錦部製作所はエアースケーラーを否定するものではありません。エアースケーラ用チップも製造していたこともあるくらいですから。


ただ、両方製造していたからこそ、言えることがあります。超音波スケーラーはチップ次第です。苦手意識を持たず、まずは当社の超音波スケーラー用チップを使ってみてください。そして、患者さんに違いを聞いてみてください。衛生士さんに聞いてみてください。


その違いを分かってもらうために、1か月間無料お試しキャンペーンをしています。


合わせて読みたい関連記事




錦部製作所からのお得な耳寄り情報

世界が認めた創業90年の技術を持つ日本製の錦部製作所の超音波スケーラー用チップを数量限定で1か月間無料でお試しできます。

2010年04月01日

カテゴリ: 超音波スケーラー・チップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのリンクURL
この記事へのリンクタグ
表示サンプル:エアースケーラーの詳しい説明

日本歯科新聞社さんがついにツイッターを開始! »

« 本当の患者さん第一の歯医者さんを探せる奇跡のサイト

歯科医療機器で歯科医院の売り上げが変わる21の裏事情

この無料小冊子を知らないなんて、あなたの医院はきっと損をしている。

歯科医【歯科医院向け】売上がアップする21の裏事情を今すぐ無料ダウンロード

『エアースケーラーの詳しい説明』へのTB&コメント

この記事のトラックバックURL:

『エアースケーラーの詳しい説明』へのコメント

  1. kado より:
    おはようございます。某メーカーの者です。
    (既にどこのメーカーかお分かりかもしれませんが)

    ご回答に加え、記事まで掲載して頂き有難うございました。
    ブログをご覧いただく方々に情報提供できたことを嬉しく思います。

    私個人も総合点では超音波スケーラのほうが優れているとは思いますが、
    どちらの製品も良いところがありますので、症例や使い勝手
    に合わせてユーザーが選択して頂ければ良いと思っています。

    これからもブログを楽しみにしております。
    有難うございました。

  2. kadoさん

    この度は貴重な情報をありがとうございました。
    おかげさまでご覧いただく方に良い情報を提供できました。

    今後ともぜひ、よろしくお願いします。


『エアースケーラーの詳しい説明』にコメントを投稿する




日本歯科新聞社さんがついにツイッターを開始! »

« 本当の患者さん第一の歯医者さんを探せる奇跡のサイト