P-MAX(歯科用超音波スケーラー)の最大の特長

このエントリーをはてなブックマークに追加

P-MAX(歯科用超音波スケーラー)の最大の特長

P-MAX、そして、P-MAXを進化させたP-MAX+、さらに2013年に新発売された、待望のライト付きハンドピースを搭載したP-MAX2。


私たち錦部製作所が、このサテレック社製のP-MAXなどの超音波スケーラー(白水貿易株式会社取扱)に装着するSRP用の超音波チップ(一部サテレック社製を除く)の全23種類を販売当初より

純正品として20年以上製造しております。

初めて、このブログをご覧いただいた先生は「え~、そうなの??」と思われるかもしれませんが、証拠です^^

↓   ↓   ↓   ↓

syouko

私どもが2007年冬にこのブログなどで情報発信を始めると、多くの先生よりどこの超音波スケーラーがいいですか?という質問をもらうようになりました。


半年くらい前まではEMSさん(ピエゾン)の超音波スケーラーやナカニシさん(NSKバリオス)の超音波スケーラーと比較し、その特長をお答えしていました。


しかし、ある測定をしてから、やめました。真実を書きます。


 何のための超音波スケーラーか? 


これをお読みの歯科医師の先生や衛生士さんは超音波スケーラーをどんな治療に使いたいのか、また、どのような治療をするために使いたいのか考えたことがありますでしょうか?


「スケーリングとかエンドとかでしょ」と思われましたか?


もう一歩踏み込みましょう。


どんなスケーリングをするためにハンドではなく、超音波スケーラー用を使うのでしょうか?


ぜひ、考えてみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがですか?どんな答えが頭に浮かんだでしょうか?


 Pモードがある理由 


一言で言えば、スケーリングをメインに考えた時には、

術者と患者さんにやさしいスケーリングをするために超音波スケーラーはあります。


そして、患者さんに優しい治療をするために必要なのがPモードです。


このPモードP-MAXやP-MAX+、EMSさん(ピエゾン)の超音波スケーラーやナカニシさん(NSKバリオス)の超音波スケーラーについています。


が、実は同じPモードでも中身は違います。


このPモードの開発のきっかけとなったのが、錦部製作所の両刃の付いた超音波スケーラー用チップでした。


このPモードには企業秘密で詳しくは書けませんが、この様な強さという定義があります。


これを知っているのは、錦部製作所、白水貿易、Pモードの実際の提案者の姫野先生、そしてサテレックです。


つまり、他の会社のPモードは、「本当のPモードとは別物」ということになり、この強さの違いが施術に大きな違いを与えます。


そして、もう一つ。Pモードを活かすも殺すも、最も重要なのが先端の超音波スケーラー用チップ。
その種類の豊富さや品質が確かなのがP-MAXのもう1つの特長です。



弱いパワーでも、効果的にスケーリングができる超音波スケーラー用チップがあってこそ、Pモードが生かされます。


追伸 錦部製作所は純正品を作っていますので、そのほとんどは白水貿易に卸しております。
しかし、直販している超音波スケーラー用チップもあり、その超音波チップは一ヶ月無料でお試しいただけます。ご興味のある方は下記の特別ページをご覧ください。


錦部製作所からのお得な耳寄り情報

世界が認めた創業90年の技術を持つ日本製の錦部製作所の超音波スケーラー用チップを数量限定で1か月間無料でお試しできます。

2011年01月24日

カテゴリ: 歯科医師さん向け 超音波スケーラー・チップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのリンクURL
この記事へのリンクタグ
表示サンプル:P-MAX(歯科用超音波スケーラー)の最大の特長

シャープニングスト―ンを使ったシャープニングの重要な話し »

« 錦部製超音波チップをブログでご紹介いただきました

歯科医療機器で歯科医院の売り上げが変わる21の裏事情

この無料小冊子を知らないなんて、あなたの医院はきっと損をしている。

歯科医【歯科医院向け】売上がアップする21の裏事情を今すぐ無料ダウンロード

『P-MAX(歯科用超音波スケーラー)の最大の特長』へのTB&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだ『P-MAX(歯科用超音波スケーラー)の最大の特長』にトラックバック、コメントがありません。

『P-MAX(歯科用超音波スケーラー)の最大の特長』にコメントを投稿する




シャープニングスト―ンを使ったシャープニングの重要な話し »

« 錦部製超音波チップをブログでご紹介いただきました