歯科医療機器販売の謎  職人になるには高学歴が必要!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科医療機器販売の謎  職人になるには高学歴が必要!?

今の職人は、学歴がなくてはいけません。
最低でも、そですね、理系の大学を卒業していてください。
そうでなければ雇えません。

そんな風に言われて職人を目指す人はピンとくるでしょうか?

職人と理系大学。結びつきますか?


でも歯科医療機器の職人になるには
学歴が必要になってしまいました。
(職種によりますけど、当社ではそうなってしまいました)。



さて、曲線のある超音波チップが歪んでしまったり
ガタガタになってしまったりする理由の一つは、

機械でためようとするからです。

しかし、これにはもうひとつ理由があります。


機械でためても一本一本見て、
手直しをすれば、ちゃんとした形になります。

ただ、この手直しもまた、ためる以上に
熟練を要します。
ちょっと直す。
このちょっとが難しい。

このちょっとができるのが職人です。


そう、職人がいないのです。


先端の曲げ加工は、私たちのような歯科医療機器の中でも、
小物いいますか、手用で使うもの、例えばプローブだったり、
スケーラーだったり、キュレットだったり、こういったものを
鋼製小物と呼びますが、この鋼製小物を製造する職人でなければ
うまくいきません。


その職人がいなくなってきています。


私は、現在39歳ですが、歯科器具の販売、製造する
職人で一番若いのではないでしょうか。


いなくっていく理由はいくつもありますが、
一つは、法律です。
そう理系でなければいけなくなっています。


国はモノづくりをする人を大切にしなければいけないと言いつつ、
私たち職人がやめていかなければならない法律をつくります。


以前、お話ししましたように私たち職人が歯医者さんに
歯科医療機器・歯科医療器具を販売する場合、

「医療機器製造業 許可」

「医療機器製造販売業 許可」

「医療機販売業 許可」

の三つを取得しなければなりません。

複雑ですよね。しかもこうして並べるとみんな一緒に見えませんか?


この中で一番取得が困難なのが「医療機器製造販売業 許可」です。

国の位置づけとしては、販売の責任をこの医療機器製造販売業が
負うということにしています。


この許可を受けるためには、
社内に品質管理責任者と安全管理責任者を置き、
さらにその二つの役職を管理する「総括製造販売責任者」を
置かなければならないとしています。

ここで私たちの首を絞めるのが、
「総括製造販売責任者」になるための資格要件です。

大卒または高専卒で
電気、機械、金属、化学、物理、化学、薬学、 医学、歯学のうち、
いずれかの専門課程修了者。

この法律は平成17年にできたのですが、
私は、とうに大学を卒業していますので、
この要件を満たしていません。

現在は、社長がもうひとつの要件で、
この総括になっていますが、
社長がやめると私たちは、
歯医者さんに販売することができなくなります。


今後も歯科医療機器販売をつづけていくためにも
現在、正社員を募集していますが、
上記の要件のためこれまでどれだけの人を断ったかわかりません。


上記の要件の件で、管轄の東京都にも何度も電話していますし、
厚生労働省にも電話しました。

厚生労働省では「こういったお電話があったことは記録しておきます」
とだけ言われておしまいです。

また、東京都でも「夜間の大学に通われてはどうですか」
と平気で言います。
確かに夜間に通うことができる人もいるかもしれないが、
できる一部の人をあげて、こうしている方もいますから
あなたもするべきだのようなニュアンスで言われると
中小企業の実態を理解しているのか!
どれだけぎりぎりでやっていっているのかわかっているのか!
と言いたくなります。


そして、日本のモノづくりを支えているのは、我々職人です。

歯科資料機器の超音波チップで世界と戦える
日本のメーカーがうち以外にあるでしょうか。

うちが日本の超音波チップを支えているのです。と自負しています。


また、他の歯科医療機器の職人さんでも
この法律のためにやめていく方も多いと聞いています。

国は、日本に我々職人がいなくなれば、
歯科使用機器の販売で世界の食い物になるのがわからないのでしょうか。
そしてそれは、値段などでも言いなりになるしかないということなのです。
ゆくゆくは困るのは歯医者さんであり、患者さんなのです。

現にさきほどあげた鋼製小物は、
ほとんどが輸入になってしまっています。

このままでは、職人はいなくなります。

せめて職人がやめなければならない法律は変えてください。

職人に高学歴はいりません!
考える力は必要ですけど。

せっかく一件一件審査しているのですから、
その一件一件をしっかり見て、そこに何が必要か
何でも杓子定規にやるのではなく、
その会社が製造している内容をよく見て、
それにあった要求をしてください。



錦部製作所からのお得な耳寄り情報

世界が認めた創業90年の技術を持つ日本製の錦部製作所の超音波スケーラー用チップを数量限定で1か月間無料でお試しできます。

2008年12月09日

カテゴリ: 患者さんとの会話が膨らむ歯科医療機器業界の裏話 職人しか話せない歯科医療機器業界の裏話 超音波スケーラー・チップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのリンクURL
この記事へのリンクタグ
表示サンプル:歯科医療機器販売の謎  職人になるには高学歴が必要!?

きれいなフォルムの超音波チップをつくるための職人としてのこだわりと願い »

« 歯面への超音波チップの当て方を、つい忘れてしまう瞬間

歯科医療機器で歯科医院の売り上げが変わる21の裏事情

この無料小冊子を知らないなんて、あなたの医院はきっと損をしている。

歯科医【歯科医院向け】売上がアップする21の裏事情を今すぐ無料ダウンロード

『歯科医療機器販売の謎  職人になるには高学歴が必要!?』へのTB&コメント

この記事のトラックバックURL:

『歯科医療機器販売の謎  職人になるには高学歴が必要!?』へのコメント

  1. sonoyan888 より:
    始めまして、ひょっとして、かなり古いプログにコメントを出しているのかもしれません。ご勘弁を。
    偶々検索でこのサイトが開き、私の友人が歯科技工士を上海でやって、
    現在日本に帰国しましたが、歯科技工士も年々減少しているので、
    知恵を貸してほしいと言われているところです。


    私も職人に学歴は必要ないし、逆に不必要な知識が本来、
    純粋な心で熟練するまで、体が覚えるまで鍛錬に鍛錬を積みやっと、
    職人技が育成できるのだ思います。


    中学校を卒業し、毎日丁稚奉公しながら親方の手の動きや体の動き、
    呼吸の仕方などを肌身で覚え、
    職人になっていった人間の方が余程価値があります。


    当然其の道具が何に使われるのかも、
    徐々に勉強しないと上達しないでしょうから、
    人体科学や関係する人体の構造なども
    一人前の職人になることには習得するでしょう。


    私の親父は若い頃、木造の大型船を作る船大工でした。
    船の先端部分は緩やかなカーブを描いていますが、
    一流の職人は、其のカーブを墨壷で墨をつけます。
    直線では当然ありません。

    宮大工と同じで釘を使わず、
    組み木で数ミリの穴や隙間も無く船体が出来上がります。

    陸においている時は、若干合わせ目に隙間があるような感じですが、
    それも全て計算ずくで、海に入った瞬間、木が水分を吸収し、
    其の隙間がきれいに塞がり、もし隙間が無ければ、
    膨張して膨れ上がるところでした。

    加工時期の季節の気温、湿度、
    使用する木材の性質や年輪など全てを経験と知識で分析し
    計算にいれて加工されていたのです。

    ところがある時を境に木造船が打ち切られ、
    鉄製の船の時代が来たのです。
    親父は家屋の大工になりましたが、
    カーブを描く船を作るより、簡単な住宅建築ですが、
    間もなく一流の職人で弟子も多く抱えた親父は、
    予想もしない英語の勉強をしなければ成らなかったのです。

    A,B,Cからの勉強をしないと建築技師にはなれないのです。
    実技試験は当然、試験官より優秀ですので、
    筆記試験が受かれば1級です。

    苦労して1級建築技能士を取得したようですが、
    家を建てるのに学問では経たない。

    経験による構造理論があれば大学を出た
    高学歴の大工・建築士では家は建ちません。

    非常に無駄な規定を作ったものだと思っていましたが、
    アメリカや他の国でも歯科技工師などは国家試験は必要とせず、
    知識を学ぶ為の専門学校や歯科医師より
    技工を選ぶ物が専門学校を卒業している程度なのです。

    日本の場合はまさに職人で技能力の高い日本人の加工技術は
    世界の手本になっているのです。

    ところが後継者がいない。
    目立たず、日陰の立場の技工師になる若者が
    少なくなってきたのです。

    日本のラボは親父と数名程度で良いものは作れるが量産できない、
    ところが中国では人工の割りに歯科医や技工師が少なく、
    現在は大型ラボもあり、数千人の行員がライン生産しています。

    当然地方から出てきて国家試験なんて取れる訳も無く、
    同じ工程を毎日やっているだけで、
    一般的な歯科治療用は十分安くそこそこに出来るのです。

    日本の場合は歯科衛生士、歯科技工師など
    全て免許がないと就業できないのです。
    しかし歯科医が認めれば薬事はパスすると言う
    おかしな制度になっているので、
    この先日本から世界に誇る匠職人は壊滅するかも知れません。

    職人は色々な知識を持ち、国家試験で難しい理屈を試験するより余程、
    人体について熟知している物と思われます。
    恐らく職人に対してそれを評価する人材も判断基準も役人が出来ないので、
    小難しい試験をするのだと思います。

    人体に当然害を及ぼす可能性が高い物を職人が使うはずも無く、
    もし自分の作った道具や義歯で不都合があれば、
    面子もなくなるし、職人としてのプライドが自分自身を許せないと思いますが、
    効率が悪く、何にも判断出来ないお役人と利権で金儲けを狙う
    ハイエナのような連中の思惑で制定されたのではないかと思います。

    どうか優秀な職人技を絶えさないように、
    政府の規定なんか後回しにして、
    後継者の育成に努めて頂きたいと思います。


    そのうち理解するでしょう。
    21世紀は学歴ではなく、金でもない、
    心と本物の技と知恵が最優先になってきます。

    日本人は本来思考回路が諸外国と異なり、
    道具や製品を作る時にも製作者が自分のエゴで作らず、
    それを使うものがより、使いやすい、より便利、より安全など
    無意識に相手を思いやる心を持つ特殊な精神をDNAに
    引き継がれているのだと思います。

    赤ちゃんに履かせる滑り止めのゴム系のぶつぶつがついている靴下、
    世界中であれを思いつくのは日本人だけではないかと話していました。

    私は、現在中国駐在暦10年の日系企業知財保護管理と
    工場のChinaRisk管理、コンサルティングをやっていますが、
    同じアジアの国でも精神は全く異なり、
    彼等の感覚は思考と味覚はアメリカ人と非常に類似しています。

    他人の事より自分の事を中心に考えて生きている者たちです。
    だから自ら発想や創造、改良する知恵は無いのです。
    日本も中国も同じような待遇ですが、昔の人たちは優秀だった。

    今はどれが正しいのかさえ、不明な世の中になってしまった。
    だから心の時代が来るのです。 

  2. sonoyan888さん。

    おはようございます。
    星の数ほどあるブログの中から私どものブログに
    きてくださり、ありがとうございます。

    私どもも技工士さんの数や待遇など
    厳しい条件におかれていることを承知しております。

    国は職人や日本のモノづくりを大切にしようと
    口ではいいますが、実際は、承認の制度を厳しくしたり、
    到底夫婦でやっている町工場では、クリアできない法律をつくったりします。
    ですので、やりたくてもやれないのです。

    日本は資源の乏しい国ですから、こうした技術で対抗しなければ
    いけないのです。他の記事にも書きましたが、
    もし、私たちがいなければ、現在超音波スケーラー用チップは、
    すでに諸外国の製品で覆い尽くされていたはずです。
    つまり、私たちが外国から日本を守っているのです。

    しかし、厚生労働省はこうした事実に耳を傾けません。
    そしてsonoyan888さんの仰る通り、
    自分たちが専門の知識をもたないので、
    審査がやりやすいように膨大な資料を提出させます。
    しかも、私たちの超音波チップは単独での審査項目がないため、
    本体と同様の審査をされます。

    ぜひ、桝添さんにはこうした目立たない案件にも
    メスをいれてほしいと願っております。

    それにしましてもお父様はすごいですね。
    先端のカーブというお話がありましたが、
    実は私たちの製品もこのカーブというものを
    すごく意識しております。

    カーブが入ると機能性と美しさが違うのですよね。
    よいお話をありがとうございました。


『歯科医療機器販売の謎  職人になるには高学歴が必要!?』にコメントを投稿する




きれいなフォルムの超音波チップをつくるための職人としてのこだわりと願い »

« 歯面への超音波チップの当て方を、つい忘れてしまう瞬間