喜びと辛さは表裏一体。しかも・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

喜びと辛さは表裏一体。しかも・・・

10月1日から18日にかけて、
全国の成人男女5000人を対象に個別面接方式で実施した
内閣府の調べでは、
子供を持つ必要はないと答えた人が
42.8パーセントもありました。
内閣府では生きるということが多様化してきていると
言っています。


「多様化」。
こんな一言で片づけていいんでしょうか?


私は高校生まで野球をしていました。
休みはお盆と暮れの数日です。
そんなとき、ふと思ったことがあります。
人生はほとんどつらいことなんだな。
俺は前世で何か悪いことをしたかな。と
まあ、野球が好きでそういう高校を選んだのですが
こんなことを思いました。


楽しいことの裏には苦しいことがついてきます。
その楽しさが大きくなればなるほど
苦しさも大きくなります。


趣味で野球をしたとします。
打てても打てなくても
ただ、参加しているだけでも楽しい。


でも、そのために休みなのに家でゆっくりすればいいものを
わざわざ行くのです。
わざわざ行くから楽しい野球が出来るのです。


しかし参加するだけではだんだんつまらなくなる。
ヒットが打ちたい。
そのためには素振りをします。日曜日の試合のために
週三日も素振りをします。


やっとヒット1本打てました。
とても嬉しい。


しかし、今度はホームランを打ちたくなった。
今度は毎日、素振りをして
バッティングセンターにも行きました。
それを1ヶ月繰り返して
やっと1本ホームランを打てました。
そのとき、思わずガッツポーズをしました。
すごく嬉しい。


しかしこの喜びをもっと味わいたい
一か月に一回ではなくもっとホームランを打ちたい。


そのために今度は腕立て伏せや腹筋、背筋もします・・・・・・・・・・・。


喜びや楽しみが大きくなればなるほど
そこには過酷な努力が必要になります。
その努力すら楽しくなるかもしれませんが、そうなると
ほとんどMですね(笑)。


子育てはこういう努力とは若干違います。
自分でスケジュールが組めませんから。
自分の時間もなくなりますので
好きなテレビや趣味もできなくなったりします。


こんな大きな苦痛ですが
その分野球では得られない幸せを
子供はくれます。


これは真剣に子供に向き合えば向き合うほど
多きくなると思います。


楽しさと苦しさは表裏一体。
しかも
たいがいの場合、一瞬の喜びのために苦労のほうが長い。
人生とはそういうものです。



錦部製作所からのお得な耳寄り情報

世界が認めた創業90年の技術を持つ日本製の錦部製作所の超音波スケーラー用チップを数量限定で1か月間無料でお試しできます。

2009年12月07日

カテゴリ: 雑記

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのリンクURL
この記事へのリンクタグ
表示サンプル:喜びと辛さは表裏一体。しかも・・・

錦部製作所の弱み »

« 滋賀県歯科医師会「歯ートフル淡海2009」

歯科医療機器で歯科医院の売り上げが変わる21の裏事情

この無料小冊子を知らないなんて、あなたの医院はきっと損をしている。

歯科医【歯科医院向け】売上がアップする21の裏事情を今すぐ無料ダウンロード

『喜びと辛さは表裏一体。しかも・・・』へのTB&コメント

この記事のトラックバックURL:

『喜びと辛さは表裏一体。しかも・・・』へのコメント

  1. だいすけ先生 より:
    こんにちは。

    残念な事に子供を持ったことが無い人は、
    その喜びがいかに大きいか知るすべがありません。
    逆に、それによって生じる子育てや育児費用などの
    マイナス面ばかりが頭をよぎるんでしょうね。

    しかし子供がいるからこそ、今の自分の仕事がどんなに辛くても歯をくしばれると思うんです。
    子供からもらえるエネルギーははかりしれません。
    それは子を持つ親なら誰もが理解できることではないでしょうか。
    (我が子を虐待する親は論外ですが・・。)

    現在歯科医をやっていますが、いまだに大学での試験の夢を見ます。
    いつも全く答案を書けずにパニくってるんですよ。
    目が覚めてもしばらくは焦燥しきっています。

    あの頃に辛い思いをしたからなんとか歯科医になれました。
    まぁ、歯科医になってからの方が辛い目にあっているのかもしれませんが、
    これも将来のための修行と思っています。

    まさにおっしゃるように喜びと辛さは表裏一体です。
    あとの喜びのためと思って頑張るしかありませんね。

    P.S 小6でスピードガン100Km/h超えだったので、
    私も調子こいて中学生まではプロ野球選手(投手)を夢見ていました。 
    でも錦部さんの体験談を読んで、早くあきらめたのは正解だったようです。
    高校に野球部なかったせいもありますが・・。

  2. だいすけ先生

    こんにちは。

    >しかし子供がいるからこそ、今の自分の仕事がどんなに辛くても歯をくしばれると思うんです。
    >子供からもらえるエネルギーははかりしれません。
    >それは子を持つ親なら誰もが理解できることではないでしょうか。

    これ、ホントそうですね。

    仕事で何かあったときに落ち込んでも
    いつまで落ち込んでも仕方ないと
    子供の顔を見ると前を向けたりします。

    それにしましても小学5年生で100キロ越はすごいですね。
    もしかしたらプロになれてたかもしれません。
    遠投なんかもすごかったんじゃないでしょうか?

    木内監督という私の通っていた高校の監督が言ってました。
    「遠くに投げる、早く走る、遠くに打つ」
    これは天性のものだ。と。

    もしかしたら惜しいことをしたかもしれません(笑)。


『喜びと辛さは表裏一体。しかも・・・』にコメントを投稿する




錦部製作所の弱み »

« 滋賀県歯科医師会「歯ートフル淡海2009」