葛飾区亀有 東京ラーメン(涙がでそうでした・・・)

このエントリーをはてなブックマークに追加

葛飾区亀有 東京ラーメン(涙がでそうでした・・・)

私がどうしても一杯だけ食べたいラーメンを選べと言われたら
葛飾区亀有にある東京ラーメンというお店を選びます。


私にとってはおいしいラーメンでありますし、
3歳から食べ親しんでいるラーメンだからかもしれません。


しかし、このラーメンはもう、2度食べられなくなりました。


 山岳事故だったそうです 


昨年のちょうど今頃、お店のシャッターに
張り紙を見つけました。
車で一度、通り過ぎたのですが、
張り紙が貼ってあるのはめずらしいことです。
なんか臨時休業か何かの案内かなと思いつつ、
車を降りて引き返してみました。


すると親父さんが山岳事故で亡くなり、
閉店するということが書かれていました。


あのときの感情をなんと表現すればいいでしょうか?
身内ではないですし、ちょっと長い期間通っている客なだけなのですが、
いろんな想いがかけめぐりました。


 今のラーメンの基礎を築いた方でした 


数十年前、一度、東京ラーメンはへハンバーガー屋さんに
転身しました。
夜の営業だったのでお子さんのことを考えて
昼間の仕事へ変えたのです。


その閉店する前の3日間。連続で食べに行ったのを覚えています。
あー、この味が食べられなくなる。


今でこそ、チャーシューがとろとろだったり
ラーメンに脂っこかったり、インパクトの強いものが
ありますが、40年前はそんなものはありませんでした。


東京ラーメンは40年前から今のチャーシューでした。
味もまた今ではさっぱりしている部類に入ってしまいますが、
当時は逆でした。


ラーメンの開拓者だった、そういっても過言ではないと思います。


 屋台のラーメン屋でした 


40年前は屋台のラーメン屋でした。
ワゴン車を改造し、蔵前通り沿いのちょっとした空きスペース
お店をだしていました。


その時から人気がありましたね。
タクシーの運転手さんに聞いても
東京ラーメンは1位か、2位だと言う方が多くいました。


気まぐれな親父さんで10時開店でも
10時に来ているとみんなに
「おー、今日はちゃんときてるじゃない」と言われる人でした。


それは店を構えてからも変わらず、
8時開店で8時に開いたことをあまり見たことがありません。
しかもちょこちょこ休む。


仕儀とがあまり好きじゃないと言っていたこともありますね。


屋台のときはメニューも
ラーメンに、チャーシューメン、わかめラーメンにメンマラーメンと
ラーメンにトッピングを増やすメニューだけでした。


当時は10時開店でしたので
いくのは決まって土曜日の夜。
7時くらいに軽く食べて、10時に合わせて
家族ででかけました。


錦部家にとっては、楽しみにしていた外食でした。
車の中にクーラーボックスを置いて食べていたのを思い出します。
それが小学生になると認められたように
屋台のカウンターで食べるようになりました。


私はいつもチャーチューメン。
小学生までは長ネギ抜き。
長ネギが食べられなかったんですね。
でも、ある日、親父さんに長ネギ食べないと
おっきくなれないぞ、と言われ初めて長ネギを食べたのが
東京ラーメンでした。


 息子さんが継ぎました 


5年前くらいでしょうか。
お店に親父さんの他に若い人が入っていました。
聞くと息子さんだということ。
しかし、次に行ってみると息子さんの姿がありませんでした。


「いろいろと考えが違うんでやめちゃったよ」と
言ってました。少しさびしげでしたね。


私もこのときはすでにこの世界に入っていたので
親子で働く難しさはよく分かりました。


その息子さんがあとを継いでいると聞いて
昨日、親父さんが亡くなってからはじめて家族4人で行ってきました。
私の次男は初の東京ラーメンです。


味が親父さんの味と同じで涙が出そうになりました。


息子さんがどういう想いで店を継いだのか。
その横で親父さんのときと同じように
おかみさんが具をのせていきます。


親父さんは私が食べ盛りのときはチャーシュー麺を頼むのに
さらに麺の中にチャーシューを一枚忍ばせてくれました。


昨日、おばさんは、二人の子供のために一杯頼んだラーメンに
シャーシューと海苔とメンマを二人分、のせてくれました。


おばさんとは親父さんの話はしませんでした。
しかし、話さないことで自然と私が知っていると
おかみさんも分ったようで、
他愛もない話をしながら、その会話の間、間で
無言の中でお互いに親父さんへの思いを語ったような気がしました。


そしてラーメンを食べながら、親父さんの気持ちが伝わってくるようでした。
息子さんのラーメンを自慢しているようであり、
まだ、足りないだろと言っているようでもあり、
もう息子のラーメンなんだから好きにやればいいと言っているようでもあり、


そして、息子さんの親父さんへの思いも見られました。
麺の湯切りが親父さんのやり方です。
籠のようなものではなく、平らな柄のついたざるで湯切りをしていました。





錦部製作所からのお得な耳寄り情報

世界が認めた創業90年の技術を持つ日本製の錦部製作所の超音波スケーラー用チップを数量限定で1か月間無料でお試しできます。

2009年11月27日

カテゴリ: 雑記

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのリンクURL
この記事へのリンクタグ
表示サンプル:葛飾区亀有 東京ラーメン(涙がでそうでした・・・)

超音波スケーラー用チップを長持ちさせる方法 »

« ハンドピースは壊れません

歯科医療機器で歯科医院の売り上げが変わる21の裏事情

この無料小冊子を知らないなんて、あなたの医院はきっと損をしている。

歯科医【歯科医院向け】売上がアップする21の裏事情を今すぐ無料ダウンロード

『葛飾区亀有 東京ラーメン(涙がでそうでした・・・)』へのTB&コメント

この記事のトラックバックURL:

『葛飾区亀有 東京ラーメン(涙がでそうでした・・・)』へのコメント

  1. 稲田行徳 より:
    >味が親父さんの味と同じで涙が出そうになりました。

    読んでいた私は思わず涙が出てしまいました。
    どんな思いで同じ味を出しているのか・・・・

    そこを考えるだけでグっときます。
    いいお話しをありがとうございました。

  2. 稲田さん

    こんばんは。コメントありがとうございます。
    ラーメンを食べながら、こみ上げてくる涙をこらえながら
    食べていました。

    おかみさんと親父さんの話をしたら
    泣きそうでできなかったというのが本音です。

    稲田さんの言う通り、一度はでていった息子さんが
    どんな想いで同じ味をだしているのか。
    そういうところにどうしても、考えがいってしまいます。

  3. Y より:
    突然お店がなくなってしまってショックを受けています。

    味はもちろんですが、何年も通い、本当に居心地のいい不思議ならーめん屋さんでした。

    おばさん、息子さんは元気にされているのでしょうか。

    閉店されるとわかっていたら、通えるだけ通いたかったです。

  4. Yさん

    コメントありがとうございます。
    Yさんも何年も通われたのですね。

    私も子供の頃からですから30年以上通っています。

    一度、閉店した時がありまして、その時は3日連続で食べに行きました。

    息子さんががんばってくれるといいのですが・・・

  5. ショック より:
    私も、東京ラーメンが一番好きなラーメン屋でした。
    最近仕事が忙しく、中々行けませんでした。
    昨日時間を見つけ久々に食べに行ったら、違う店にになっている。
    非常にショックでした。
    息子さんが違う処に店を出していないかと調べていたらこの場所にたどり着きました。
    息子さんはどこかでお店を出してはいないのでしょうか??
    絶対また食べたいです。

  6. 本当でした。別のラーメン屋さんになっていましたね。
    もうおばさんにも会えないと思うとやはりショックですね。

    私の中では東京ラーメンがいつでも一番です。

  7. 下町生まれ亀有育ちの巨人男 より:
    亀有の東京ラーメンをふと思い出し、このブログにたどり着きました。
    懐かしいです。
    家から歩いて2分~3分。いつも食べる気満々で向かってましたが、店の明かりが見えたら思わず「お~開いてた」って、なんだかホッとしていたのを思い出します。
    頑固な見た目とは程遠い、気さくな親父さんでした。いつも行くたび「お兄ちゃんぐらいの身長が、ウチの息子にもあったらなぁ~(笑)今日も大盛り?」なんて、山と野球好きな親父さんのあいさつ代わりの言葉でした。
    基本は、醤油&塩&タンメン(塩)&味噌(もやし野菜入り)の4種類。濃いめのスープに、ツルっととした細めのちぢれ麺。上には、バラに肉をしっかり巻いた
    大きめのとろけるチャーシュー&メンマ&海苔&なると&ねぎ。トッピングは、こってり・チャーシュー・海苔・メンマ・バター・コーン・もやし(醤油のみ)。すりたて生ニンニクは、サービスで入れてくれました。
    地元を離れた時は、亀有に帰って来た時に食べた親父さんのラーメンが心を温めてくれました。
    いつも元気をくれました。
    感謝してます。
    ありがとうございました。
    どこかで言えたらとずっと思ってました。
    ブログ主さんありがとうございます。
    本当に人に心地良いモノは、どんなモノでも忘れられないですね。
    たとえ、二度と会えなくても、永遠にその温もりは、心に確かに今も生き続けています。
    たぶん、これからも。
    その時の風景が、時々笑顔にしてくれます。

  8. 下町生まれ亀有育ちの巨人男さん

    コメントをありがとうございます。
    私も小学生の頃、屋台時代から通っていましたので
    お店に行きますと、ご主人や奥さんが、
    何かと声をかけてくれました。

    今でも店の前を通るたびに思い出しますし、
    他のラーメンを食べても、私はどうしても
    東京ラーメンと比較しながら考えてしまいます。

    スープはどうか、あ~チャーシューの味が似ているとか、
    やっぱりこの細さの麺だよなとか、茹でる時にズンドウで
    泳がせながら作っている店に入ると、
    そうこれじゃなくちゃなどなどです。

    本当に残念で仕方ありません。

  9. なかじぃ より:
    またこってりタンメンと、餃子食べたいです。


『葛飾区亀有 東京ラーメン(涙がでそうでした・・・)』にコメントを投稿する




超音波スケーラー用チップを長持ちさせる方法 »

« ハンドピースは壊れません