キュレット・スケーラーが歯面を荒らす理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

キュレット・スケーラーが歯面を荒らす理由

キュレットやスケーラー、そして超音波スケーラー用チップで
スケーリングをしたときに歯面を荒らす大きな理由の一つが
歯に触れる刃の部分の仕上がりにかかっています。


つまり、そのキュレットやスケーラー、超音波スケーラー用チップの
刃が細かく仕上がっていればいるほど、
歯面がきれいに仕上がります。



わかりますでしょうか?
ちょっといくつか例をあげてみます。

 一緒に怪物になりましょう 


もし、分からない方は一緒にやってみてください。
怪物とか大きな熊になったつもりでご自身の両手をガオーと
顔の前あたりに持ってきてみてください。


そして、目の前にいると仮定した相手の顔や体を
爪でひっかいてください。どんな傷あとがつきましたか?


では次に、相手を刀で切ってみましょう。
どんな傷あとがつきましたか?
二つを比べてみてくださいね。


最初はあなたの爪のあとがついていますよね。
次は刀の刃のあとがついています。



こういうことなのです。何かを切ったときの相手側につく傷あと、
キュレットやスケーラー、超音波スケーラー用チップでの
スケーリングで言えば、歯面につく跡というのは
その切る道具の相手に触れる部分の形状が
そのまま相手側につくということなのです。



  見落としていけないのは内側です 


先生や衛生士さんは多分、キュレットやスケーラー、
刃の付いている超音波スケーラー用チップの刃を見てください、というと
横の部分を見るかと思います。


横の部分ももちろん重要です。
しかし、同じように重要なのが内側の部分です。

e6adafe99da2e88d92e38289e38199

横が一見、きれいでも裏側が凸凹していれば、
キュレットやスケーラーを上記の写真のように
横から見たとき、大きく拡大すると内側が凸凹しているということに
なります。


つまり、このデコボコしているキュレットやスケーラーや
超音波スケーラー用チップでスケーリングをすると

そのデコボコがそのまま歯面に映り、

歯面を荒らすということになるのです。



これが歯面を荒らす大きな理由です。


もし私どもの超音波チップ、H3などを持っている方は
その内側をみてください。それが細かく研がれた
刃物です。


  プロの刺身包丁と家の包丁 


最後に私どもがよく挙げる例の一つが刺身包丁です。
よく研がれた刺身包丁で切ると、刺身の角がピッと立ち、
断面がキラキラとします。



しかし、家の菜っきり包丁で切ったりすると
刺身の断面がぐちゃぐちゃになったりします。


キュレットやスケーラーもそれと一緒です。
刃は横側と内側で成り立っています。

ここをどれだけ細かく仕上げるかで、

歯面の仕上がりが変わります。



錦部製作所からのお得な耳寄り情報

世界が認めた創業90年の技術を持つ日本製の錦部製作所の超音波スケーラー用チップを数量限定で1か月間無料でお試しできます。

2010年03月12日

カテゴリ: 患者さん向け 歯科医師さん向け 歯科衛生士さん向け

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのリンクURL
この記事へのリンクタグ
表示サンプル:キュレット・スケーラーが歯面を荒らす理由

在宅歯科(訪問歯科)で頻度の高い処置トップ3 »

« 超音波スケーラーの詳しい説明

歯科医療機器で歯科医院の売り上げが変わる21の裏事情

この無料小冊子を知らないなんて、あなたの医院はきっと損をしている。

歯科医【歯科医院向け】売上がアップする21の裏事情を今すぐ無料ダウンロード

『キュレット・スケーラーが歯面を荒らす理由』へのTB&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだ『キュレット・スケーラーが歯面を荒らす理由』にトラックバック、コメントがありません。

『キュレット・スケーラーが歯面を荒らす理由』にコメントを投稿する




在宅歯科(訪問歯科)で頻度の高い処置トップ3 »

« 超音波スケーラーの詳しい説明